無料でアプリを始める 🤩

redkiwi
日本語

ようこそ!クイズを解いて

リスニング力をテストしよう

appstoregooglePlay

質問

be afraid ofと覚え、使っていましたがbe afraid toとすることも可能ですか?be afraid of leavingとすることもできますか?


ネイティブの先生からの回答

teacher

Rebecca

「be afraid of 動詞+ing」と「be afraid to動詞」はどちらもよく使用され正しい形です。元々、誰かが怖いという感情を持っている場合「be afraid of動詞+ing」を使いますが、具体的な状況で怖いと感じる場合「be afraid to 動詞」を使用します。この動画の場合、具体的な状況も言っているため「be afraid to 動詞」を使用しました。 ネイティブは上記の2つの形態について常に規則を守っているわけではありません。 同じような状況で、あるネイティブは「don't be afraid to make mistakes」と言い、他のネイティブは「don't be afraid of making mistakes」と言うこともあります。そのため、一般的な対話の場合、二つの形態に違いがあるとは考えにくいです。 例:I'm afraid to say what I really think. = I'm afraid of saying what I really think.(私が本当のことを話すのが怖いです。) 例:He's afraid of losing his independence. = He's afraid to lose his independence.(彼は自立心を失うことを恐れている。)

ネイティブの先生の解説をもっと見る >


リスニングクイズ

1/2 STEPLEARN

We

are

afraid

to

leave

the

safety

of

our

routine

to

pursue

something

greater

私達はより大きなことを追求するのに、日常の安全から離れてしまうことを恐れます。


instagram-logotwitter-logo

HayanMind

Oncheon-ro 45, Yuseong Prugio City unit. 208. Yuseong-gu, Daejeon

contact@hayanmind.com

ver.3.0.110 | © RedKiwi 2022