無料でアプリを始める 🤩

redkiwi
日本語

ようこそ!クイズを解いて

リスニング力をテストしよう

appstoregooglePlay

質問

「Be good at」と「Get good at」の違いを教えてください。


ネイティブの先生からの回答

teacher

Rebecca

「Be good at」は、「誰かがすでに得意である、上手にできる」を意味する反面、「get good at」は「上手くなる可能性を示唆し、まだ上手でない、発展が必要だ」という意味です。 例:He is good at basketball. (彼はバスケットボールが得意だ。) 例:I want to get good at basketball so I can be like him.(バスケットボールが上手くなって彼のようになりたい。)

ネイティブの先生の解説をもっと見る >


リスニングクイズ

1/2 STEPLEARN

audit

a

German

class,

get

good

at

beer

pong,

ドイツ語の授業も聴講もできるし、ビアポンの実力もつけたいけど、


instagram-logotwitter-logo

HayanMind

Oncheon-ro 45, Yuseong Prugio City unit. 208. Yuseong-gu, Daejeon

contact@hayanmind.com

ver.3.0.110 | © RedKiwi 2022