無料でアプリを始める 🤩

redkiwi
日本語

ようこそ!クイズを解いて

リスニング力をテストしよう

appstoregooglePlay

質問

「lawyer」と「attorney」はどう違いますか?


ネイティブの先生からの回答

teacher

Rebecca

素晴らしい質問ですね。「lawyer」とは、法律上の助言や援助を行う人の総称です。厳密には、法科大学院を卒業した人は誰でも「lawyer」とみなすことができます。中には法廷に立たない人や、クライアントを持たない人もいますが、「lawyer」であることに変わりはありません。例えば、法科大学院を卒業した「lawyer」は、政府の顧問や企業のコンサルタントになることもあります。彼らは法廷に出ることはありませんが、「lawyer」であることに変わりはありません。 「attorney」は、「attorney-at-law」の略です。これは訴訟の弁護を行う際に法廷で依頼者を代表する法曹の人を指します。クライアントから依頼を引き受け、その利益のために行動する場合、「lawyer」を「attorney」と呼ぶことができます。これは「lawyer」よりも専門的で威厳のある含みを持っているので、ほとんどの法律実務家は「attorney」を好みます。 例: Every defendant deserves a good attorney.(すべての被告人には良い弁護士を雇う権利がある。) 例: I work as a lawyer at an IT company.(私はIT企業で弁護士として働いています。)

ネイティブの先生の解説をもっと見る >


リスニングクイズ

1/2 STEPLEARN

So

I

set

out

on

a

journey

to

become

an

attorney

without

a

moment's

hesitation

だから僕は少しも躊躇う事なく弁護士になるための旅に出た


instagram-logotwitter-logo

HayanMind

Oncheon-ro 45, Yuseong Prugio City unit. 208. Yuseong-gu, Daejeon

contact@hayanmind.com

ver.3.0.110 | © RedKiwi 2022