safetyとsecurityの意味/違いを知ろう!

単語の意味

- 危害、危険、または怪我から保護されている状態を指します。 - 事故、怪我、または危害を防ぐために取られた措置について話します。 - リスクや危険から解放されている状態を説明する。

- 脅威、リスク、または危害から保護されている状態を指します。 - 盗難、損傷、または不正アクセスを防ぐために講じられた対策について話します。 - 危険や危害の恐れから解放されている状態を説明する。

この二つの単語の似ている意味

  • 1どちらも危害や危険からの保護を伴います。
  • 2どちらも、危害や損失を防ぐために取られた措置を指すことができます。
  • 3どちらも、安全で安心できるという考えに関連しています。
  • 4どちらも、個人の安全、経済的安全、国家安全保障など、さまざまな状況で使用できます。

この二つの単語の違いは?

  • 1範囲:Safetyは物理的な危害や怪我の防止に重点を置いていますが、security盗難やサイバー攻撃などの非物理的な脅威からの保護を含めることもできます。
  • 2強調:Safety害や危険がないことを強調し、securityは保護や防御の存在を強調します。
  • 3アプリケーション:Safetyは個人または職場のコンテキストでよく使用されますが、securityは国内または国際的なコンテキストでより一般的に使用されます。
  • 4含意:Safetyは警戒感と予防感に関連し、securityは保護と防御の感覚に関連付けられています。
  • 5使用法:Safetyは、安全対策、安全上の注意、安全装置などの他の単語と組み合わせて使用されることがよくありますが、securityは、単独で、またはサイバーセキュリティ、国家安全保障、金融セキュリティなどの特定の用語と組み合わせて使用されることがよくあります。
📌

これだけは覚えよう!

Safetysecurityはどちらも危害や危険からの保護を指しますが、その範囲、強調、適用、意味合い、および使用法が異なります。Safetyは、身体的危害や怪我の防止に重点を置き、危険がないことを強調し、個人的または職場の文脈でよく使用されます。Securityは、非物理的な脅威からの保護、保護の存在の強調など、範囲が広く、国内または国際的な状況でよく使用されます。

このコンテンツは、RedKiwi独自の学習データに基づくAI技術を活用し、作成されました。ユーザーに精度の高い多様なコンテンツをすばやく作成し伝えることができるため、自動化されたAIコンテンツのサポートを受けています。AIから信頼できる情報を得たり、疑問を解消したりしてみましょう!